WEFが3Dプリンティング、AI、マシンラーニング、ナノテクノロジーが今後四年間で500万人の職を奪うと予想

wef
世界経済フォーラム(WEF)がまとめたレポートが、3Dプリンティング、AI(人工知能)、マシンラーニング、ナノテクノロジーが今後四年間で先進国15か国の500万人の職を奪うと予想している。

ビッグデータシステムとスマートマシンがルーチンワークの職を奪い、得にオフィスで勤務する女性の職がもっとも影響を受けるとしている。また、3Dプリンター、特にメタル3Dプリンターの普及が製造現場の多くの職を奪うとしている。

「未来の仕事」と題されたレポートは今週スイスのダボスで開催されるWEFの年次総会で発表されるもので、「速やかな、目標が定められたアクションが必要」であると論じている。

ペーパーワークやアセンブリなどの単純労働や、管理職の職が奪われる一方、コンピューティング、数学、建築、エンジニアリングの分野で新たに210万の職が誕生するともしている。

Bookmark this on Google Bookmarks
Share on LinkedIn
LINEで送る